Schwarzkaeppchen

アクセスカウンタ

zoom RSS [短信]画像をつなげる

<<   作成日時 : 2010/05/01 11:33   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

フラットベッドスキャナの大きさの都合で大きな書類を分割してスキャンするしかない時、
画像をつなげるソフトが必要です。

WindowsのIrfanviewでできる、という情報もありますがこれは単純につなげるだけです。DOSでいうCOPYコマンドでつなげる感じ(? この表現でわかる?)。

2画像の重なりとか拡大縮小回転とかを考慮するとWindowsのJointogetherが良かったです(⇒Vector)。フルマニュアルなのですが(自動判定はしてくれない)そこがかえって助かる。

これで古い新聞切り抜きをスキャンしたり、学校の卒業証書をスキャンしたりしたのでした。
パノラマ写真ソフトでもできそうな気がしてhuginとか有名なのだが
なぜかうまく行かなかった記憶が。(なんでうまくいかないのかは忘れた)

[2010/Oct./30th 追記]
Jointogetherは画像が重なる部分が多いと作業にならないかな。後に他のファイルを作業したらそう感じました。

Huginの他にはAutoStitch, PhotoFit feelがあるようです。Photoshop elementsでもいけるというブログ記事も見かけました。

AutoStitchは合成元画像が3画像以上ないと動作しない(2枚指定すると「2 or more」(2枚以上)とエラーウィンドウが出てちょっと釈然としない)。

PhotoFit feelは未試用なのだがReadmeによると、出力形式はBMP型式のみ。また、合成後が130万画素以上だと白黒画像として出力される領域が発生する、と書いてある。(このソフトは2003年製なのでこの頃は普通だったのかもしれないが今の(2010年)水準からみると130万画素なんてちっぽけすぎるな)。

Huginはインターフェースがたくさんついていた。メンテナンスもされている。標準で多言語化されており自動で日本語が出てくる。ちょっとついていけてないです(高機能すぎて)。この3つの中では一番有望そう。二つ三つ処理するファイルがあるのでこれでやってみるつもり。

Huginでやるのにあれこれ探しているうちにautopano-siftとenblendというのがでてきたがこれは画像をつなげた時の後処理ツールで単独でどうこうという物ではない(Huginに組み込む)。→2010年10月の記事へジャンプ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
[短信]画像をつなげる Schwarzkaeppchen/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる