Schwarzkaeppchen

アクセスカウンタ

zoom RSS rar.exe (WinRAR)の "-ep1"オプションについて

<<   作成日時 : 2010/12/05 17:56   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

rar.exe (WinRARのコマンドライン版)で、書庫を作成する場合にオプション"-ep1"を用いることができる。その内容について書く。ほとんどの人にはどうでもいい内容です。

WinRAR配布アーカイブに付録のテキスト"Rar.txt"によると

-ep1 名前からベースディレクトリを除外します。コマンドラインで入力
されたパスを格納しません。

例:

ディレクトリ tmp のすべてのファイルとディレクトリを書庫 test
に圧縮します。しかし、圧縮したファイルにパス情報 tmp\ は含まれ
ません。

rar a -ep1 -r test tmp\*

これはこのコマンドと等しいです。

cd tmp
rar a -r ..\test
cd ..


だそうです。

実際に試してみると、以下の通りになります。
dirは格納 > rar u -ep1 a.rar [dir]
dirは非格納> rar u -ep1 a.rar [dir]\
dirは非格納> rar u -ep1 a.rar [dir]\*
dirは格納 > rar u a.rar [dir]
dirは格納 > rar u a.rar [dir]\
dirは格納 > rar u a.rar [dir]\*

dirが格納される物は展開時にフォルダが付きます。格納されない物は展開時にフォルダではなくファイルが羅列されます。

rar u -ep1 a.rar [dir]\
を使うと良いでしょう(\*と\の差はほとんどないと思うが*.*と別解釈されると困るので誤解されないように*はない方が)。

dir非格納にする理由は
a)展開時に展開ソフト側で自動的にフォルダを用意するので階層が複層になってしまう
b)展開時フォルダ名を展開するユーザに強要したくない
です。

("-r"オプションも地味に必要なのですが説明を簡略化するので上記では入れてないです)

おしまい

[おまけ] : このブログシステム(ウェブリブログ)は、HTMLタグの<pre></pre>(囲まれた内部は「整形済みテキスト(改行やタブをそのまま表示)」)が使えないのな(入力すると&lt;pre&gt;と展開されて本文にだだ漏れして効果が出ない。コマンドとその内容を解説しようとすると大変だよ。おかげで全角スペースで調整するなんて20世紀的な手法を取りましたとさ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
rar.exe (WinRAR)の "-ep1"オプションについて Schwarzkaeppchen/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる