Schwarzkaeppchen

アクセスカウンタ

zoom RSS FreeDOS USB Boot on FAT32 (>2GB) USB flash drive

<<   作成日時 : 2011/02/26 01:38   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

[よくある例]
kernel.sysとcommand.comをfdboot.imgから抜き出してフォルダに保存して"HP USB Disk Storage Format Tool"を使って上記フォルダを指定してUSBメモリに書き込む。

[よくある例の問題点]
2GB以下(≒FAT16)のUSBメモリでないと"HP USB Disk Storage Format Tool"がErrorを吐いて進まない。僕の手持ちで空きのUSBメモリが8GBなんだよ…。あと"HP USB Disk Storage Format Tool"はいい加減古い(出所不明になってるし)。

[いまいちな解決策]
grubを使う
bootstick.zip (syslinux) (Creating FreeDOS USB boot stick for BIOS flashing)
unetbootinを使ってfdbasecd.isoなどを書き込んでしまう。

grubとbootstick.zipはコマンドライン操作に慣れてないと難しそう。unetbootinを使うと変なブートメニューになってしまう(DOSにたどりつけない)。あと印象に過ぎないんだけどどれも高機能なブートローダが走ってしまうのでフロッピディスクの代わりにUSBメモリを使っている感じがしない。


[見つけた解決策]
RMPrepUSBを使う。
設定は各人にまかせるが(手抜き)(気が向いたら書く≒たぶん書かない(フェルマーの例))、うちのThinkpad X60ではFDエミュレートでは起動せず(HDDリカバリ領域が何故か起動する)、ZIPエミュレートにしたら起動した。Award BIOSな日立 FLORA 350W DE4でも同様(FLORA側の設定はUSB-ZIPかUSB-HDDにする。USB-FDDとUSB-CDROMは起動しない)。
画像
動作例。8GBのUSBメモリにFAT32でインストール。必要なファイル群は一番下の項目でフォルダ指定


[感想]
【取り扱い注意】USB(メモリ)ブート関連ツール - Palm84 某所の日記」がなかったらこの記事は書けませんでした。あとは試してないけど一旦FDブートかCDブートでFreeDOSをFAT32なUSBメモリが見えるように起動してそこから「sys」コマンドでシステムファイルをUSBメモリに書き込むっつーのがあるかな。なんのためのUSBブートだかわからなくなるけどね(FD/CDあるならそっち使えよ)。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
FreeDOS USB Boot on FAT32 (>2GB) USB flash drive Schwarzkaeppchen/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる