Schwarzkaeppchen

アクセスカウンタ

zoom RSS ST-2667+EPIA-E533にNICを増設する

<<   作成日時 : 2011/02/28 23:48   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

Mini-ITXケース ST-2667 (Mini-ITX最初期のケース)
EPIA-E533 (Mini-ITX最初期のマザーボード, VIA C3 533MHz)

  1. NIC用の穴が空いていてPCIのNICを刺せるのだがケースの高さが低くカードを選ぶ。
  2. Intelの"PWLA8391GT INTEL® PRO/1000 GT DESKTOP ADAPTER"を刺してみたのだがわずかにぶつかり収まらない。マザーボードを外してカードを刺してからマザーボードを取り付ける手法でもだめ。ちなみにこのカードのPCB高さは50mm(実測)。
  3. 低いカードを一通り探してみた。I·O DATAのETG3-PCI (GbE)がPCB高さ43mm(カタログ値)で良さそう。
  4. 購入して刺してみた。見事収まりました。余裕はあまりないので一択かも。残念ながらStatus LEDの位置は合わないので外からは見えない。
  5. 動作試験→しました。WindowsXPで動作する。OSの自動Updateを勝手にDownloadするくらいの負荷では今のところ破綻してない。


画像
左がI·O DATAのETG3-PCIで右がINTEL® PRO/1000 GT。高さが違う

画像
ST-2667とETG3-PCIとの隙間。数ミリ。

画像
バックパネル側の様子。きれいに収まる


この記事(2009-12-03 - にゃののん日記)によると過去に玄人志向からちょうど収まるGbEのNICが出ていたようですがもう製造中止みたい。

ST-2667というケースについては発売当時のAKIBA PC Hotline!の記事(ACアダプタ仕様のMini-ITX対応PCケース発売、静音PCの自作に最適)がまだたどれるな。

各社カタログを見て寸法一覧を一応作った。
○PCI NIC PCB高さ比べ
[GbE]
5?mm Buffalo LGY-PCI-GT (寸法は製品写真から推定)
50mm Intel PWLA8391GT INTEL® PRO/1000 GT DESKTOP ADAPTER(寸法は実測)
45mm PLANEX GN-1200TW2
43mm I·O DATA ETG3-PCI
--
[100Base-TX]
42mm I·O DATA ETX-PCI
40mm Buffalo LGY-PCI-TXD
--


[おまけ:PWLA8391GT INTEL® PRO/1000 GT DESKTOP ADAPTERからブラケットを外す]
画像
ブラケットがカシメでPCBと繋がっているので簡単に取れない

画像
大きい消しゴムを敷いて高さを合わせて、なにか適当なビスを当ててハンマーでブラケットの爪を裏から叩く

画像
外れました


ちなみにロープロファイルのブラケットが欲しい場合は"カモン(COMON) SLOT-IN"というのが出ている。千石電商で¥140.-だとか。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ST-2667+EPIA-E533にNICを増設する Schwarzkaeppchen/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる