Schwarzkaeppchen

アクセスカウンタ

zoom RSS [短信]アクティブ パーティション 解除

<<   作成日時 : 2011/03/30 16:50   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

アクティブパーティションを解除したいなんて、普段は意味ないような。でも、ノートPCのクローニングツールでバックアップしたレストア領域がなんかアクティブパーティションになっててDisk to Diskレストアに失敗するとかそういう事態で強制的にアクティブを無効(inactive, disable)にしたい時もある。

なので回復方法を。僕がわかったのは2つ

a)diskpartコマンドでlist diskをして(略)inactiveコマンド。→ここでいうdiskpartはWindowsXPのコマンドラインのことで回復コンソールのdiskpartはこれに対応していないのであった。Windowsが動く状態の人向け。ここで知った : 「2006-11-09 - まっつんの日記

b)Ranish Partition Managerを使う。UBCDに収録されているのでUBCDを使うと簡単です。


[きっかけ]
クローニングツールでレストア領域をクローンコピーしてレストア実行したら終盤でBoot.iniの問題でブート失敗した。\system32\hal.dllが見つからないとかいうお決まりの奴で。Boot.iniをEditBINI (UBCD収録)で編集したらとりあえず動いたんだけどそもそもの原因は何か、というところを見ていくとアクティブパーティションが何かからんでいるようだ。→違った。パーティションテーブルのパーティション番号の順序がレストアプログラムの想定しているのとずれてたのが原因のよう。OSがNo.1, レストア領域がNo.2を想定しているのが、クローニングツールでOS領域をコピーしてなくてその結果OSがNo.2, レストア領域がNo.1になっていた(ディスクの領域自体はOSが先頭側にあるのだ)。→SPFDisk Boot Manager installer (作者ページ(中文))(Wikipediaの該当ページ(中文))(UBCD収録) のExchangeコマンドで修正できた。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
[短信]アクティブ パーティション 解除 Schwarzkaeppchen/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる