Schwarzkaeppchen

アクセスカウンタ

zoom RSS [イーサネットコンバータ] プラネックス MZK-RP150N [設定難しい]

<<   作成日時 : 2011/06/09 15:29   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

イーサネットコンバータを目的としてプラネックス(Planex, Pci)のMZK-RP150Nを購入してみた。

イーサネットコンバータとしては一筋縄ではいかない製品だ。設定をあきらめる人も多いのではないだろうか。俺もあきらめた。のだが、あれこれやっているうちに動いた(5時間かかった)。

やったこと
a)下記のコンバータモードであれこれやってどうにもならなくなって、一回アクセスポイントモードで遊んだ(アクセスポイントモードは正常動作する)。
b)無線LAN親機 (Aterm WR8500N) の暗号化設定を「WPA-PSK(AES)」から「WPA-PSK(TKIP)」に変更した。
c)説明書通りにコンバータモードで設定した。コンバータモードに変更して再起動→セットアップウィザードで無線LAN親機のビーコンから無線LAN設定をして、LANセットアップは自動のままいじらないで適用
d)再起動するとコンバータ自体は192.168.0.249に設定されていた(うちのIPアドレス空間は192.168.0.xxx)。設定用に接続していたPCはルータからDHCPでIPを引いてきた。

一回アクセスポイントモードにするのが効果があったのか、暗号化の対応に問題があったのか、どっちかだと思う。

暗号化の問題のよう。無線LAN親機のAterm WR8500Nは、WEP, WPA-PSK(TKIP), WPA-PSK(AES)に対応。イーサネットコンバータMZK-RP150Nは、WEP, WPA-PSK(TKIP), WPA2-PSK(AES), WPA2 Mixed に対応。親機はWPA-PSK(AES)を常用してたので暗号化が合致しなくて接続できなかったみたい。接続できた/できないははっきりとはわからないので注意が必要(「接続中」という用語がまぎらわしい。未接続で接続途上の意味でこのコンバータでは使用しており接続が完了すると「接続済み」と出る。



以下は動かなかった時の資料(一応残しておく)

──────────────────────────────────────────

価格.com - 『コンバータでの設定が変?だが 』 PLANEX MZK-MF300N アキーム玉子さんのレビュー・評価」に詳しくまとまっている。別機種だが内蔵ソフトウェア(ファームウェア)は変わらないらしく同じ挙動をする。


問題点
・イーサネットコンバータというよりはルータの動作をする。グローバルIPをローカルIPに変換するがごとく。ご家庭での設置例だとローカルIPをさらにローカルIPに変換するような動作になる(はず。うまくいかない)。

・この機械自体はDHCPでIPをもらうことはできない。固定で入力。「DHCP クライアント」という項目もあるがIPアドレス不明になり操作不能でハードウェアリセットに陥るだけ。

・DHCPモード「自動」「サーバ」「クライアント」「無効」とあるが「自動」「サーバ」は同じでIPを外側から内側に変換して内側はDHCPで配布。「クライアント」はクライアントになれずに困る。「無効」はIPを外側から内側に変換するだけ(ぶらさがる機械は自前でIP/SubnetMask/DefaultGateway/DNSを設定)。

・192.168.1.100〜以外のDHCP配布はない(全部試してないが)。192.168.0.xxxに変更しても無視される。

・外側が192.168.0.xxxだとして(NECのルータ)、192.168.0.222に設定して、内側が192.168.0.223〜192.168.0.233として、再起動してみると配布されたIPは192.168.1.100。このときのDefault gatewayが192.168.0.222、DHCPも192.168.0.222、DNSも192.168.0.222。どうやって外に出ればいいんだ? (サブネットマスクを変更しても効果なし、既存のIPアドレスを192.168.1.xxxに全部変更するのは大掛かりすぎてやってない)。いまのところ外に出られたためしなし

・DHCPのリースタイムが初期値5分

・ログを見ることができるがWiFiの接続といった情報はないので意味はない。意味がよくわからないWarnが出続けている(同じ内容)。→アクセスポイントモードにするとアクセスしてきた機器が表示された。意味不明のWarnは出ない。

・設定変更ごとにブート90秒

・無線LANのリンク状態は、未接続でも接続途上でも接続済みでも「リンクステータス:接続中」と表示される。故意に誤った暗号化キーを入れても「接続中」だし。→アクセスポイントモードだと接続中の機器数が出たりして正常に動作しているご様子。

正常動作すると「接続済み」と出た。「接続中」の意味は「まだ接続できていません」の意味で「すでに接続できてます」の意味ではないようだ。

無線LAN設定のセキュリティ項目では「WPA(TKIP)」「WPA2(AES)」が選べる(WEPは別項目で選べる)のだが、無線LAN設定の基本設定項目にある「サイトサーベイ」から無線LAN親機のビーコンを取得して設定すると「WPA-PSK」「WPA2-PSK」と表示される。間違ってはないのだが…、WPA(AES)は前者の項目では選べなくて後者のビーコンからの設定で設定できる様子。(これは理解不足でした)。





…うーんもう一度説明書どおりに頭からやってみるかいな。もっと単純なメディアコンバートを想定してたんだけどなぁ…こんなのは買う前にわからないよ。もういやになってきたなー。高くてもNECのアレとかにすればよかったんかしら。なんでユーザがバグ出ししなくちゃいけないのよ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
[イーサネットコンバータ] プラネックス MZK-RP150N [設定難しい] Schwarzkaeppchen/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる