Schwarzkaeppchen

アクセスカウンタ

zoom RSS Thinkpad X31 で HPAが有効なSSDはどれだ

<<   作成日時 : 2014/01/02 15:19   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

Thinkpad X31は、HDD上のリカバリー空間を確保する方法が他のThinkpadと異なる。Host Protected Area (HPA) (別名 Hidden Protected Area) という手法がとられていて、通常のOS等からは見えないように領域を確保する(HDDの機能の一つのようだ)。

詳しくは下記のページを見て欲しい。

Thinkpad X31 のハードディスクを 換装し DtoD 区画(HPA)を復元する
X31 - ThinkPad X60s/X40/X31 メモ −− HPA(DtoD区画)の操作
IBM ThinkPad X31のリカバリー、パーティション操作編
「IBM ThinkPad X31のリカバリ、パーティション操作編」 IBM X31関連の記事その2


さて、HDDではHPAの確保、レストア、あるいはリカバリCDからの復旧ができる物が多い(多いだけでできない物もある?)。しかしSSDではうまくいかないのだ。いくつかとっかえひっかえするチャンスに恵まれたので僕の環境での報告をしようと思う。
下記の4種類をテストした

a) SUPER★TALENT FHM28GW25H (120GB, 2.5inch, IDE)
b) Intel SSDMCEAC120B301 (120GB, mSATA) + 玄人志向 KRHK-mSATA/I9 (mSATA to 2.5inch, IDE)
c) ADATA ASP310S3-128GM-C (120GB, mSATA) + 玄人志向 KRHK-mSATA/I9 (mSATA to 2.5inch, IDE)
d) PLEXTOR PX-128M5M+ (128GB, mSATA) + 玄人志向 KRHK-mSATA/I9 (mSATA to 2.5inch, IDE)

【ばっちり問題なし】
(d)のPX-128M5M+は問題なく使用できる。FWRESTORコマンドでHPA領域の復旧ができるし、起動時に「Access IBM」ボタンでGUIが起動する

【WindowsXPはレストア領域付きで復旧できる】
(b)のIntelの物はHPA関連のコマンドは一切効かないがリカバリCDから復旧できるし起動時にF11キーでリカバリ領域(HPAではない)からリカバリできるようにリカバリCDから復旧できる

【WindowsXPは入るがレストア領域は無理】
(a)のSuper Talentの物は、HPA関連コマンドは効かない。リカバリCDからはWindowsXPをインストールできるがリカバリ領域は確保されない

【困った物】
(c)のADATAの物は、HPA関連コマンドがある程度効く。FWRESTORコマンドも受け付けてHPA領域も作成される。しかしHPA領域から起動するようにはできない。リカバリCDによるWindowsXPのインストールは確かできたような気がしたがHPA関連コマンドをテストしているうちにWindowsXPも入らなくなってしまった。FWDIRコマンドも通常は効かないがBIOSでHPA無効にしてDOS起動してhdat2というツールでHPAを無効にした直後だけFWDIRでパーティションが見えるとかどうも動作がおかしい((d)の場合はいつでもfwdirが効く)。惜しい。

他の物は試していないのだが…どうなんでしょうかねぇ。

余談だがSUPER★TALENTの FHM28GW25Hは、ネジ穴位置がかなり適当でThinkpad X31に入れるにはX31付録の金具をヤスリで加工する必要があり、ケース寸法も少し大きいらしくビス4本のうち2本しか使えない(4本付けると入らない)。次に買うことはないだろう。



--

Part.2
バックアップとレストア
過去の記事だと皆さんDock + 2nd HDD AdopterだとかHDD内にDOS領域を確保とか結構大変なことになっていますが、今は大容量のUSB Stick memoryがあるではないですか。ということで以下に書きます。

a)USB Stick memoryを用意する: ディスクイメージが3GB程度あるので4GBか8GBのを用意しましょう。32GBまでは大丈夫だと思います
b)FreeDOSのブート環境を上記USB Stick memoryに構築する: RMprep USBを使うと簡単です。FAT32フォーマットで良いですよ
c)USB Stick memoryを刺してHPA領域から起動して途中でF3キーでDOSに降りる: 他のサイトに書いてある通りです
d)DOSに降りたら、AドライブにHPA関連ソフトウェアが入っているのでCドライブ(おそらく)のUSB Stick memoryに全部コピーする
e)再起動してUSB Stick memoryからDOSブートしてFWBACKUPする
f)新しいディスクドライブに交換
g)USB Stick memoryからDOSブートしてFWRESTORする
h)電源を切って(リブートでは問題ありそうなので)、再起動し、「Access IBM」ボタンを押す
i)GUIに入れれば完成

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
英語をでしますか。質問があるんだって。よろしくお願いいたします。
Chotto
2014/02/27 06:45

コメントする help

ニックネーム
本 文
Thinkpad X31 で HPAが有効なSSDはどれだ Schwarzkaeppchen/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる