アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「Mac」のブログ記事

みんなの「Mac」ブログ


[Mac]mac mini G4 に OpenFirmwareによるOSインストール

2014/09/21 21:59
OS Imageを用意する。
ディスクユーティリティで
MacOSXInstall.dmg
を作る。

MacOSXInstall.dmg
をマウントする。

/Volumes/(なんとか)
から、以下の物を引っぱってきて入れる。ターミナルでやるべし。


cp System/Library/CoreServices/BootX /private/tftpboot/BootX
cp mach_kernel /private/tftpboot/mach.macosx
cp System/Library/Extensions.mkext /private/tftpboot/mach.macosx.mkext


[tftpの起動]
sudo /sbin/service tftp start
(この書式は古いようです(問題はないが))
現代的には
起動
sudo launchctl load -w /System/Library/LaunchDaemons/tftp.plist

停止
sudo launchctl unload -w /System/Library/LaunchDaemons/tftp.plist

確認
% sudo lsof -i:69
COMMAND PID USER FD TYPE DEVICE SIZE/OFF NODE NAME
launchd 1 root 108u IPv6 0x4b902fe356b26297 0t0 UDP *:tftp
launchd 1 root 110u IPv4 0x4b902fe35704aec7 0t0 UDP *:tftp
(何も表示されない場合はtftpが動いていない)


(http://blog.pg1x.com/entry/2014/03/15/222459 )


MacOSXInstall.dmgを /export/macosx/MacOSXInstall.dmg にする。


親側を192.168.0.239として話を進めます。

/etc/exports に、以下の内容を書く (/etc/exportsがなければ作る)

/export/macosx -network=192.168.0.0 -mask=255.255.255.0

(192.168.0.0 で良いのか自信が持てない。子機側のIPアドレスなのか?)

nfsのマウント許可を書いているので子機側のIPアドレスを書けば良い。
DHCPで割り当たるので固定割り当ての番号を書く。
-network の値を変えて何行も書いても良い。
設定を変更したら
sudo nfsd update
(http://oh-sky.hatenablog.com/entry/2013/08/31/093535 )

OpenFirmware側 (O + F + Command + Option で起動)

setenv boot-device enet:192.168.0.239,\BootX
setenv boot-args rp=nfs:192.168.0.239:/export/macosx:MacOSXInstall.dmg
boot


OpenFirmwareのリセット(PRAMリセット) (起動に失敗するとかなんかおかしくなった場合)

P + R + Command + Option 押しながら起動する (パワーボタン押してすぐこれらのキーを押す)

起動音が2回目が鳴るとリセット終了です。


子機側に「コンピュータを再起動する必要があります。パワーボタンを数秒間押し続けるか、リセットボタンを押してください。」と出るようになり、これから脱出できなくなりました。"MenuMeter"のネットワーク速度を見てると、tftpは成功しているようだがnfsのマウントに失敗しているようです。過去に2度ブートに成功しているから何かが問題なのだろうが何かがわからん。

Firewire ブートに変更してみるか。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


[Mac]mac mini G4 に、Lubuntu 14.04 PPC

2014/08/17 19:11
Lubuntu 14.04 PPC を、mac mini G4 1.25GHz (初代の物)にインストールしたくて色々やってみた。

ブート時(yaboot) でのvideoパラメータでうまく行く物を探した。
(alternative版とかDebianも試してみたが何故かthe Internetから各種ファイルを引っぱってくる時にハングアップしてしまうのでLubuntuのGUI Installer版でなんとかしたかった。

(ハードウェア構成: Apple mac mini G4 1.25GHz/1024MB/120GB/WiFi/Bluetooth, Dell 2001FP (1600x1200) Analog 15-pin )

[2014/Sep./21st]
インストール時のビデオ設定は
boot: install video=radeonfb:1280x1024-16
で、インストールは完走する(ディスプレイのネイティブドット数は1600x1200なのだが1280x1024にしないと完走しない)。

ここまでは確実。このあとがなんかよくわからない。改善のために色々試してもいいのかもしれないが、上記インストール状態のまま放置するのもありかもしれない。

インストール後。

何もしない(radeonfb状態)だと、1280x1024-16@75 固定である(色数は推定)。GUIのモニタの設定を選んでも変更はできない(他の選択肢が出ない)。

ブート時にononlyに変更してみる。
下記のように試せるのだが、突然ハングアップする(どこでどういう理由でなるかはわからん)。マウスカーソルだけ動いて後は何もできない(偶然かなぁ。radeonfbでも同じかも(≒別の原因がある?))→radeonfbでも頻度の問題だけで同じことが起きる。うちのハードウェア構成に問題があるのかもしれないが…よくわからんね。

boot: Linux video=ofonly:1600x1200-16
GUIのモニタの設定で640x480〜1600x1200が可能である(モニタ側の自動調整ボタンを押す必要があるドット数もある)。(使ってたらハングした)。

boot: Linux video=ofonly:1600x1200
も通る(使ってたらハングした)。

boot: Linux video=ofonly:1600x1200-24
も通る(使ってたらハングした)。

ブート時に毎回おまじないを唱えるのは面倒なので /etc/yaboot.conf を書き換えればいいのだが、ofonlyが動かないからなぁ…書き換える意味はないかもね。

画面がdot by dot にならんけど、radeonfbで使うかね…。

[以下は古い記録]
正解はboot: live video=ofonly:1600x1200
(解像度は各自お持ちのディスプレイでネイティブなドット数が良いと思います)
[2014/Aug./18th 追記: これだとインストール中にハングする。他の手を捜索中]

boot: live video=radeonfb:1280x1024-16
これだと最後まで通るけど起動後のyabootとXとの設定がめどそう。
完走するだけマシか?
alternative版も
boot: install video=radeonfb:1280x1024-16
で完走するかな?(作業中)
[追記終わり]


boot: live video=ofonly:1280x1024-16
なぜか1600x1200でブートする。


以下トライの結果。[]内はブートのパラメータ

[ boot: live ] (通常の状態)
1) SplashはLubuntu 14.04ときれいに表示される。単に文字と動作確認表示のドット4つ。
2) Splashに何かWarnが出ている。WiFiのドライバがないらしい。
3) GUI Installerは背景画がおかしい(色・模様とも)が、起動する。
4) 1600x1200@60とモニタは判定する。
5) 画面解像度の変更は変更不能(1600x1200@60しか選べない)
6) インストーラを実行するとウインドウは開くが中がカラでインストールできない。
(正確にはボタン類は存在し押すことはできるが何を押したのかわからない)
7) インストーラが起動したままだとshutdownに失敗する

[ boot: live video=ofonly ]
1) Splashは意匠に凝った物が出るが配色がおかしい。
2) Splashは1600x1200@60の信号を出力している(モニタのオーバレイ表示)
3) GUI Installerでハングアップ

[ boot: live video=ofonly:1600x1200 ]
1) Splashは意匠に凝った物が出るが配色がおかしい。
2) Splashは1600x1200@60の信号を出力している(モニタのオーバレイ表示から)
3) GUI Installerはおそらく正常(ただし色数が少ない気がする(16-bitカラー?)。
4) GUI Installerは1600x1200@60の信号を出力している(モニタのオーバレイ表示から)
5) 画面解像度の変更は、
Resolution: Auto, 1600x1200, 1280x1024, 1152x864, 1024x768, 800x600, 640x480, 720x400.
Refresh Rate: Auto, 60.0
が選択可能(が、変更するとハングアップする(全組み合わせは試してない))。
6) インストーラ実行可能。中身を伴った表示(言語選択とボタン)が出る。

[ boot: live video=radeonfb ]
1) SplashはLubuntu 14.04ときれいに表示される。単に文字と動作確認表示のドット4つ。
2) Splashに何かWarnが出ている。WiFiのドライバがないらしい。
(Splashは1600x1200@60の信号を出力している(モニタのオーバレイ表示から))
3) boot: live の時と同じ。壁紙が崩れる。インストーラで先に進めない。

[ boot: live video=radeonfb:1600x1200-16@60 ]
1) SplashはLubuntu 14.04ときれいに表示される。単に文字と動作確認表示のドット4つ。
2) Splashに何かWarnが出ているがWiFiのドライバがないらしい。
(Splashは1280x1024@75の信号を出力している(モニタのオーバレイ表示から))
3) GUI Installerはおそらく正常(ただし色数が少ない気がする(16-bitカラー?)。
4) GUI Installerは1280x1024@75の信号を出力している(モニタのオーバレイ表示から)
5) 画面解像度の変更は変更不能(1280x1024@75しか選べない)
6) インストーラ実行可能。中身を伴った表示(言語選択とボタン)が出る。


(以下はテストしたが記録がいい加減なもの)
live video=ofonly:1600x1200-16@60
Splashの Lubuntu が変な色で表示される
1600x1200 のモニタを認識して1600x1200@60の信号を出力している
GUI Installerが動く。

live video=ofonly:1600x1200-24
べつに24bitで動いているようには見えない。
GUI Installerでの画面解像度は1600x1200と800x600は有効。1280x1024はハングする。他の解像度は不明

radeonfb:1600x1200
Splashがきれいに表示される
途中何かメッセージが被さって表示される(ErrorかWarnかInfoか)
GUI Installerは背景画がおかしい(色・模様とも)。
1280x1024@75とモニタは判定する。
インストーラを実行するとウインドウは開くが中がカラでインストールできない。
画面解像度の変更は変更不能(1280x1024しか選べない)
shutdownに失敗する


radeonfb:1600x1200-16
Disabling IRQ #39 と出てハング(したように見えた)

radeonfb:1600x1200-16@60
Disabling IRQ #39 と出て止まるがしばらく待つと進む
Splashがきれいに表示される
Splashから先に進まない(動作中を示す4 bit表示は動いている)
途中画面がブラックアウトするが、単にスクリーンセーバが動いたらしくシフトキー押したら元に戻った。
(過去にこれでうまくいった覚えがあるのだが…不揮発メモリになんか設定が残っているのかな?)



http://mac.linux.be/content/black-screen-or-missing-gui
https://wiki.ubuntu.com/PowerPCFAQ
https://www.kernel.org/doc/Documentation/fb/modedb.txt
https://www.debian.org/distrib/netinst
http://www.sowerbutts.com/linux-mac-mini/
http://www.taga-works.com/archives/874
https://wiki.ubuntulinux.jp/UbuntuTips/Hardware/HowToChangeMonitorResolution
https://wiki.ubuntu.com/X/Config/Resolution
https://www.google.co.jp/search?q=yaboot+video%3D+ofonly

https://sites.google.com/site/teyasn001/home/uxterm

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


[短信]Skypeでアカウント2つ起動(Mac, Macのアカウント作成不要)

2013/09/08 15:35
[注:この記事は成功したりしなかったりする不完全な記事でした。起動直後は動かないのにそのうち動いたりしたりとどうすれば治るのかわからなかったのだが、どうにかした。「補遺」を参考のこと。]

MacでSkypeでマルチアカウントするのは、以前は使いもしない別ユーザーアカウントを作ってそのアカウントで起動するという面倒な方法だった。起動の時にパスワード聞いてくるし。Windowsはコマンドラインオプション -secondary入れるだけでいいのによー。


久しぶりにSkypeを動かしたので少し情報収集したらMacでもできるようになったようなのでそのことを少し書こうかと思う。

(1)普通に起動する場合

Skypeのアプリケーションが2.xだとさすがに古いので6.xにしよう(うちは2.xだった)。
1アカウント目は普通に起動する。
2アカウント目はターミナルからsudoで起動する。

sudo /Applications/Skype.app/Contents/MacOS/Skype /secondary

("/secondary" は意味がないかもしれない。孫引きなので一応書いておいた)


どうやらスーパーユーザーで起動することで2ユーザーにしているようだ。

/Applications/Skype.app/Contents/MacOS/Skype &
sudo /Applications/Skype.app/Contents/MacOS/Skype /secondary &
exit


ができればよろしい。


(2)起動時にAutomatorで2個自動起動する場合

困ったことにsudoを通さないといけないのだ。セキュリティに問題があるが平文のパスワードを書いて処理する。
Automatorで「指定されたテキストを取得」を挿入してそこにパスワードを書く。
渡したいシェルスクリプト「シェルスクリプトを実行」を挿入する。「入力の引き渡し方法:stdinへ」に変更(Defalutは「入力の引き渡し方法:引数として」)

あとsudoは平文(見える可能性がある)でのpassword入力を拒否するので、"/etc/sudouser" に"Default visiblepw"を入れて平文のpassword入力を許可しよう。sudouserの書き換えは専用にエディタ"visudo"があるのでそれで。"sudo visudo"だ。パーミッション(0440)を0770にしてviやテキストエディットでエディットしようとしても失敗するぞ。

障壁はもう一個。2個目はウェイトを入れないと起動した瞬間に終了してしまうのだ。そこでシェルスクリプトを終了する前にウェイトを入れる。sleep 1では失敗する。sleep 2で成功するが安全率をかけてsleep 4とした。


画像
Automator設定。パスワードhogehogeは自分のとこに書き換える



これで動くと思う。動いて欲しい。ちなみにOSはOS X 10.6.8だ。

[参考]
sudoersを変更する、よく使う設定例
【Automator】Mac OS X でtty がなくてもsudoを実行出来るようにする。
Run two skype accounts on Mac OSX 10.6.8


[さらに参考]
Multi Skype Launcher」というソフトウェアがあってこれだと楽々沢山起動できるらしい(未試用)(10.7+だし…)

[補遺]
どうも偶発的に動かない場合があるようだ。その場合、シェルで

sudo /Applications/Skype.app/Contents/MacOS/Skype /secondary

とすると、ゾンビプロセスが生き残るので、ps -xして kill -9すると、以降2つ立ち上がるようになる。

そこで、Automatorで
  • 1個目起動
  • 2個目起動
  • psしてsudoを含むpidを抽出してkill -9するスクリプトを通す
  • 2個目がお亡くなりになる
  • 2個目を起動してやる
  • 無事起動
というプランを考えた。

画像
ちょっと複雑なスクリプトだがこれで動いた。


sudo /Applications/Skype.app/Contents/MacOS/Skype &
sleep 1
sudo kill -9 `ps aux | grep sudo | egrep -v grep | awk '{print $2}'`
sleep 5
sudo /Applications/Skype.app/Contents/MacOS/Skype &
sleep 5
exit



[補遺の参考]
残ってしまったプロセスを名前から複数探してkillするスクリプト
プロセスの名前からプロセスをkillするには?
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


[短信]Apple Wireless Keyboard - Koreanを入手する

2011/11/29 20:10
ハングルキーボードが欲しい。できればBluetoothの。
もちろんMacintoshに使うのだからAppleのが良いし。

Apple KoreaのApple Storeを覗くと扱いはあるのだが(写真がUSキーボードなので不安になるが、2-Set式のハングル要素が印字されている物が届くようだ)、Domestic onlyのようだ。₩89,000.-(日本円で¥6,000.-くらいですかね)。

日本のApple Storeに電話して聞いてみたのだが、扱っていないとの話。

福岡の業者が扱っているのだが、¥10,000.-と高価ですね。

ちなみに型名は、MC184KH/Bといいます。

で、どうしたか。

韓国にあるGmarketという韓国版eBayに出品されていたのでそこで調達しました(₩87,000.-)。送料がかかりましたが$92.-くらいで済んだ(¥7,400.-)ので福岡の業者よりは安いですね。無事届くと良いのですが…。

[2011/Nov./30th]
Gmarketからメールが届いた。ハングル(韓国語)と英文字(US英語)で書いてあるのだが、どうやらpaypalで決済した場合は、本人確認が必要で何かIDカードかパスポートのスキャンデータを送れ(プライバシー情報の除去はかまわない)とのこと。面倒くさいなぁ…。国際的に通じる様なIDカードは持っていないので自動的にパスポートになるかな。プリンタ複合機でパスポートをスキャンして電子メールに添付ファイルして返信してやった。簡単にいかないなぁ…。

[2011/Dec./4th]
届きました。EMSで。開封してみるとMC184KH/Bでちゃんとハングルがキートップに書いてあるキーボードだよ。5日くらいで届いたことになるね。Apple KoreaのApple Storeではキートップにハングルが書いてあるようには見えないのな。ちょっと不親切と思った(以前の日本のApple StoreでもJISキーボードなのに写真のキートップはUSだったりしたからその辺は手抜きなのかもしれないな)。
MC184KH/B
画像クリックで大きい画像が別ウインドウ
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2


Mac OS X 10.4 のデスクトップ時計を10.5以降でも使う

2011/07/01 06:56
Mac OS X 10.5 "Leopard"の時計の話 - 捨てる神ありゃ拾う神あり
10.5: Bring back the floating desktop clock - Mac OS X Hints

にあるように、Mac OS X 10.4にあったデスクトップに大きな時計(1行時計ではない)を表示させる機能が10.5以降からはなくなってしまったのだ。

解決策としては10.4のシステムから、WindowClock.appを拾ってくればいいのだが、わざわざ古いシステムをインストールするのも骨が折れる。


偶然にも、インストールCD/DVDイメージから引っ張ってくる方法を見つけたので書こうと思う。

通常、10.4のシステムの

/System/Library/CoreServices/Menu Extras/Clock.menu/Contents/Resources/

にWindowClock.appがあるのだが、インストールメディアの

/Volumes/Mac OS X Install Disc 1/System/Installation/Essentials.pkg/Contents/Archive.pax.gz

にアーカイブされている様子。
僕のところではThe UnarchiverでArchive.paxまで展開して(gzを展開して)、そこからターミナルで
cp Archive.pax ./tmp/Archive.pax
cd tmp
file Archive.pax
cpio -ivd < Archive.pax
で展開してそこから
/System/Library/CoreServices/Menu Extras/Clock.menu
で、Clock.menuを右クリックして(Ctrl+クリックして)「パッケージの内容を表示」する。
/System/Library/CoreServices/Menu Extras/Clock.menu/Contents/Resources/WindowClock.app
が出てくる。
あぁ、もちろんZipegなどのアーカイバをうまく使えばターミナルで叩く必要はないかもしれん。



10.4はユニバーサルになってない?のでPowerPCのシステムから持ってくると今どきのIntel MacだとRosettaで動作しちゃいますよ。できれば10.4.x Intelのがいいのでは。

[注意 : 法的な問題点は全く考慮してないのでこれをやってライセンス違反になるかどうかは各自で考えて下さい]
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


Mac OS X 10.5を10.6環境を土台に初代Mac miniにインストールする

2011/04/10 17:14
普段使っていないMac mini (CPUがG4 1.25GHzの初代)のに、Mac OS X Server 10.5を入れようとした。
メディアが2層DVDのせいか、Mac mini搭載のDVD-ROM/CD-RWではうまく読めないようだ。
この次の世代のMac miniからはUSBブートによるインストールとかUSB-DVDROMからのインストールが使えるのだが、この世代はまだ未対応。

んで、しょうがないので、もう一台のMac mini (CPUがCore 2 Duo)にインストールファイルを置いて、
Apple純正のリモートインストールをしてみようとしたが未対応。

しかしOpenFirmwareでtftpとnfsを用いてインストールする方法があるそうなので、それでやってみたよ。

[10.6が走っているMac mini上に10.5 Serverの.dmgファイルを置く]−(Ether)−[Router]−(Ether)−[DVDが対応しない古いMac mini]


installing Mac OS X Server 10.2 without CD-ROM Drive

に、全部書いてあるのだが、僕のトライでは少し違う点があった。
クライアント側は OpenFirmware で次のように設定します。

setenv boot-device enet:192.168.0.100,\private\tftpboot\BootX
setenv boot-args rp=nfs:192.168.0.100:/export/macosx:MacOSXInstall.dmg
boot


なのだが、tftp 127.0.0.1をしてみると"get"コマンドの応答は/private/tftpboot/BootXにはファイルはなく、単純にBootXが直接引っ張れるのであった。よって一行目は
setenv boot-device enet:192.168.0.100,\BootX

になりました。

(元の文書のリンク先にもあるけどスラッシュとバックスラッシュが混在するのは間違いではないので気をつけて打ってね)。


[2013/May./16th 追記 : 元のサイトが消えていたのでWeb Archiveから拾い上げました。以下にコピーします]

以下に書いてあることは無保証です。 また、あらゆるデータを失う危険性をはらんでいます。
[2003/12/5] CD-ROM ドライブなしで Mac OS X をインストールする その3 (起動可能な外付けディスクが使えない場合)
下に書いてあるように、 インストール CD 3枚分を一つにまとめた HFS+ ファイルシステムを作成し、 これをディスクイメージ (.dmg) に変換したものを使って ネットワークブートすれば、 Mac OS X をネットワークインストールすることもできます。
以下では、前提条件として、クライアントが IP アドレスを DHCP で取得できるようになっているものとします。
具体的には、ネットワークブートのサーバとなる Mac OS X マシン側で次の設定を行ないます。
まず、ネットワークブートのカーネルとデバイスドライバには、 インストール CD-ROM のものを使います。

cd インストールCD(の1枚目)のルートディレクトリ
cp System/Library/CoreServices/BootX /private/tftpboot/BootX
cp mach_kernel /private/tftpboot/mach.macosx
cp System/Library/Extensions.mkext /private/tftpboot/mach.macosx.mkext

さらに /etc/inetd.conf の tftp のエントリを有効にします。
なお、Mac OS X の tftpd は、 chroot する設定ではうまく動いてくれませんでした (何故かは調べてません)。

sed -e 's/^#tftp/tftp/' /etc/inetd.conf > /etc/inetd.conf.new
mv /etc/inetd.conf /etc/inetd.conf.old
mv /etc/inetd.conf.new /etc/inetd.conf

[2006-10-06 追記]
Mac OS X 10.4 の場合、tftpd を使えるようにするには、

sudo /sbin/service tftp start

を実行します。この場合の tftp のコンフィグレーションファイルは /System/Library/LaunchDaemons/tftp.plist にあります。
ちなみに、Mac OS X 10.3 の場合は、/etc/xinetd.d/tftp の disable = yes の行を消して xinetd プロセスに kill -HUP シグナルを送るか再起動すれば OK のはずです。
[2006-10-06 追記おわり]

次に、インストール CD 3枚分を一つにまとめたディスクイメージを /export/macosx/MacOSXInstall.dmg として置き、 NFS サーバが有効になるように設定します。
ここではサーバになる Mac OS X マシンの IP アドレスを 192.168.0.100 とし、 ネットマスクを 255.255.255.0 とします。

mv どこかの/MacOSXInstall.dmg /export/macosx
echo '/export/macosx -network=192.168.0.0 -mask=255.255.255.0' >> /etc/exports

そしてリブートします。
クライアント側は OpenFirmware で次のように設定します。

setenv boot-device enet:192.168.0.100,\private\tftpboot\BootX
setenv boot-args rp=nfs:192.168.0.100:/export/macosx:MacOSXInstall.dmg
boot

これでインストーラが立ち上がることと思います。

[2006-10-06 追記]
上記手順で、Mac OS X 10.4.3 のネットワークインストールも可能でした。 (MacOSXInstall.dmg は Disk Utility でインストール DVD-ROM のファイルシステムを選択し、 New Image で image format: read/write で作って確認しました。)
なお、Clamshell iBook に Mac OS X 10.4.3 をインストールするには、 上記 .dmg ファイルの /System/Installation/Packages/OSInstall.mpkg/Contents/OSInstall.dist ファイルを適当に (function checkSupportedMachine が必ず true を返すようにするなどの) 変更する必要がありました。
[2006-10-06 追記おわり]

[2003/11/8] CD-ROM ドライブなしで Mac OS X をインストールする その2 (起動可能な外付けディスクが使える場合)
Mac OS X 10.2 のいつからか、ASR (Apple Software Restore) の Mac OS X 版 (/usr/sbin/asr) が使えるようになってるので、 (下に書いてあるような) dd でファイルシステムをコピーする必要はないです (CD-ROM 1枚だけなら dd が一番速いことに変わりないですが)。
2-3台のマシンに Panther のインストールをしないといけない場合、 次の方法も選択肢の一つです。
もっとたくさんのマシンがある場合、Mac OS X Server 買って ネットワークインストールが適切でしょう。

CD-ROM の 1枚目を /usr/sbin/asr か、 Panther の Disk Utility の restore 機能を使って、 iPod (他の外付けディスクも可) にコピーする。 iPod の内容は消去しないでも大丈夫。 (空き領域はそれなりに必要です)。
必要条件かどうか確認してませんが、一応、CD-ROM も iPod もマウントした時に Permission が有効になるようにしてから 作業してます。
具体的には次の A B のいずれかを行なう。

1-A
コマンドラインから次のコマンドを投入する (Mac OS X 10.2 以降)

sudo asr -source '/Volumes/Mac OS X Install Disc 1' -target '/Volumes/iPod'

でコピーできる。
1-B
Mac OS X 10.3 の場合、「ディスクユーティリティ」を起動し、
左のドライブ一覧からとにかく何でも良いので選択し、
「復元」タブを選んで、
ソースに Mac OS X Install Disc 1 ボリュームを Drag&Drop し、
復元先に iPod のボリュームを Drag&Drop し、
復元ボタンを押す
ことでコピーできる。なお、iPod を使う場合、 「復元先を消去」にチェック*しない*ことをお勧めします。

CD-ROM の 2枚目、3枚目の Packages/ 以下のすべてを Panther の Finder を使って iPod の /System/Installation/Packages に上書きコピーする。 Jaguar の Finder を使う時は owner, permission を保存するため root でログインして作業しました。 (Owner Perission の保存が必要条件かどうかは確認してません)
iPod の /System/Installation/Packages/OSInstallCache.plist を消去する。単に消すだけで Installer がよきに計らってくれる ようです。
システム環境設定 で iPod をブートドライブとして選択する。
Panther をインストールしたいマシンに iPod を接続し、 これを起動ディスクとして起動する。

インストールの最中に CD-ROM の取り替えを要求されないので、 一旦はじまったらほっとけるので手間が省けます。速いですし。
なお、iPod を使って作業が終った場合、ファイルの消去はファインダ なり rm なりを使うことをお勧めします。ディスクユーティリティで フォーマット等を行なうと使えなくなってしまうかも知れません。
[2002/9/26] CD-ROM ドライブなしで Mac OS X (Server) 10.2 をインストールする (obsolete)
CD-ROM ドライブを持たないマシン (PowerMac G4 350(AGP) -- DVD-ROM を取り外してハードディスクを置いている) に Mac OS X Server 10.2 をクリーンインストールする必要があったのですが、 試しにやってみると意外にもうまくいったので記しておくことにします。
前提条件として

既にそのマシンで Mac OS X 10.x (or Mac OS X Server 10.x) が動作していること
ハードディスクに 700MB 程度以上の空きパーティションがあること (仮に /dev/disk0s10 とする)
(このパーティションにインストールすることはできない)

を必要とする。これらは Boot 可能な外付け HD があれば容易に満たすことが できると思われる。

何とかしてインストール CD-ROM のイメージファイルを手に入れる。
ターゲットマシンで Mac OS X 10.x を実行させ、 1枚目のインストール CD のイメージをマウントする。 (仮に /dev/disk1s9 とする)
[2002/9/27 追記] /dev/disk0s10 のパーティションを umount or eject する。
次のコマンドを実行する。

% dd if=/dev/rdisk1s9 of=/dev/rdisk0s10 bs=1024k

option キーを押しながらリブートし、 /dev/disk0s10 のパーティションからブートする。 あとはインストーラの指示に従う。
Mac OS X 10.2 の場合は 2 枚目の CD を要求されたところで インストーラを終了すればそこでインストールを打ち切ることが出来る。 2枚目のCDの内容は OS が立ち上がってから手動で個々にインストール可能。
インストールが終われば /dev/disk0s10 のパーティションは Disk Utility で消去すれば本来のサイズのパーティションとして 使えるようになる。

[2002/9/27 追記] Darwin のインストールにもこの方法は使えます。 nand@mac.com 目次へ $Revision: 1.21 $ $Date: 2006/10/06 10:42:46 $


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


[短信]ATOK22 (Mac版ATOK 2009)の辞書ユーティリティの絞り込み表示が変

2011/03/26 08:40
ATOK22 (Mac版ATOK 2009)の辞書ユーティリティの絞り込み表示で、品詞を指定した絞り込みを行うと「名詞」などのよく使う品詞は名称どおりに絞り込めるのだが、「単漢字」だけを絞り込もうとしても出てこない。

どうやら選択する品詞と出力する品詞がずれてる模様。
「単漢字」を出したい場合は「バ行上二段」を選択しないとならないようだ。


うちだけの問題か? すでに修正パッチが出ているのか? →パッチはなかった。
JustsystemのFAQにもこの問題はないな。
ユーザサポートは電話のみで月〜金かぁ(今日は土曜日)。
macを再起動しても治らなかった。
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0


[短信]OpenOffice Writerで大学ノート風の罫線を引く

2011/03/10 22:36
Wordだと
ワードで日記帳や大学ノートのように横線(罫線)で書類を作りたいです(注:Q&Aサイト)
Word で便箋のように横線が表示された文書を作成 印刷する方法(Microsoft)

なのだが、OpenOffice Writerでは?

書式−段落(A)...から[外枠]で設定すれば良い(下だけ引く)。
書式−ページ(P)...から[行数と文字数]で罫線を引くと原稿用紙風になる(ルビの分も罫線が引かれてしまう)。

ちょっと間に合わせ的。Wordほどきれいにいかない(印刷品質は変わらないのだけど原稿の改行を意図的に入れないといけないとかそういう面で)。

行送りを固定で0.7cm (A罫の場合)にするとかそういうのも必要だな。
書式−段落(A)...から[インデントと行間隔]−[行間]−[固定]−[数値(G)] : 0.7cm
0.7cm刻みだと16ポイントのフォントだとみっちり詰まった感で僕は好きですね。まぁ12ポイントくらいが無難か?
画像
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


[短信]OpenOffice.org のWriterでB5を印刷すると失敗する(Mac OS X)

2011/03/04 20:47
判型がB5の書類をOpenOffice.orgのWriterで作っていて、両面印刷をしようとしてプリンタに処理を渡すと、どうも判型の違いから紙詰まりと認識するらしく印刷失敗するのです。

以前(OpenOffice.org 3.2.1)はできたのだがなんだろ…プリンタドライバのUpdateかOpenOfficeのUpdateか。

でGoogle検索してみた→"mac openoffice writer 印刷 B5"

OpenOffice.org 3.3.0 Writer: A4でしか印刷できない

どうやらMac版の3.3.0特有の症状のようだ。

  • [ファイル]−[PDF としてエクスポート...]でPDFを作成すれば回避できる(B5サイズのPDFが作成される)。
  • [ファイル]−[印刷(P)... ⌘P]−[PDF▼]で作成するPDFはA4になってしまっている。
  • [ファイル]−[印刷(P)... ⌘P]からプリンタドライバの拡大縮小でB5に収めると、A4判のデータをB5判の紙に印刷するような縮尺(86%)でB5判用紙に印刷される。言いかえると処理としてはB5として処理されるが版面が86%に縮小される。(ちなみにEPSONのプリンタで確認)


んー、3.2.1に戻すか、"PDF としてエクスポート..."をうまく使うか…。
原因がOpenOffifce.org 3.3.0にあることがわかっただけでも良しとするか。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


Apple Keyboard JISをWindowsで使う (YAMY編)

2011/01/24 22:15
Apple Keyboard JISをYAMYで使う編。

[目標]
"かな"キーと"英数"キーを認識して日本語IMEが動く。

[YAMYのインストール]
展開して適当なフォルダに突っ込む。僕は"C:\Program Files\yamy\"にした。

[設定ファイルを用意する]
".mayu"ファイルを用意する。"窓使いの憂鬱"ではUNIX的にホームディレクトリを切ってそこに、とヘルプファイルで指示されていたがYAMYでは実行ファイルと同じところに置く。すなわち"C:\Program Files\yamy\.mayu"。配布ファイルに含まれる"dot.mayu"をコピーして名前を変更すれば良い。良いのだが、Windows7だとファイル名なしの(先頭がドットになる)ファイルに変更しようとするとファイル名を入れろとWarningが出て変更できない。面倒ですが、コマンドプロンプトを開いてリネームしてほしい。ren dot.mayu .mayu

[設定ファイルの中身の概要]
109キーキーボードの設定に追加するようにキースキャンコードを記述する。その後先に追加したキースキャンコードに対応した機能を記述する。
肝はこの4行です。「key U-Macかな = D-変換 U-変換」としている例が多いけどこの記述だと再変換しまくりでうっとうしいので"ひらがな"キーにしてある
def key Mac英数 = 0x71
def key Macかな = 0x72
key U-Mac英数 = D-半角/全角 U-半角/全角
key U-Macかな = D-ひらがな U-ひらがな


[IME側の設定]
"英数"キーに"半角/全角"キーを割り当てている都合上、"英数"キーを押すとIME ON/OFFがトグル動作してしまいます。なのでIME側のキーマップを変更すれば良いです。Windows7付録のMicrosoft IME 10.1.7600.0だと[プロパティ(R)]−[編集操作]−[キー設定(Y)]−[変更(D)...]で出てくる[半角/全角]−[入力/変換済み文字なし]をIME-オン/オフからIME-オフに変更すれば良いです。

Microsoft IME設定
画像クリックで別ウィンドウ


[設定ファイルの中身]
(2011/Feb./20th に一部書き換えました(F12キー〜F16キーの扱い))
#~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
# 窓使いの憂鬱 - dot.mayu
# Copyright (C) 1999-2005, TAGA Nayuta <nayuta@users.sourceforge.net>
#

# まずキーボード定義を読み込む
if ( USE104 )
include "104.mayu" # 104 キーボード設定
if ( USE109on104 )
include "109on104.mayu" # 104 キーボードを 109 キーボード風に
endif
else
include "109.mayu" # 109 キーボード設定
if ( USE104on109 )
include "104on109.mayu" # 109 キーボードを 104 キーボード風に
endif
#Macintosh Keyboard Define # http://kaede.blog.abk.nu/0328
def key Mac英数 = 0x71
def key Macかな = 0x72
def key MacF13 = 0x64 #0x5D
def key MacF14 = 0x65 #0x5E
def key MacF15 = 0x66 #0x5F
def key MacF16 = 0x67
#def key MacEject = 0x6C
def key NumEqual = 0x59
def key NumComma = 0x7E
endif

if ( USEdefault )
include "default.mayu" # Emacs ライクなさまざまな設定
endif

keymap Global

#for Apple Pro Keyboard for 109JP # http://kaede.blog.abk.nu/0328
key U-Mac英数 = D-半角/全角 U-半角/全角
key U-Macかな = D-ひらがな U-ひらがな
#key *F1 = *半角/全角
key *MacF14 = *PrintScreen
key *MacF15 = *ScrollLock
key *MacF16 = *Pause
#key *Insert = *F1
#key MacEject = *Insert
#key *NumEqual = *BackSpace
#key *NumComma = *Comma

#mod alt -= LeftAlt
#mod windows += LeftAlt
#key *LeftAlt = *LeftWindows

#mod windows -= LeftWindows
#mod alt += LeftWindows
#key *LeftWindows = *LeftAlt

#mod alt -= RightAlt
#key *RightAlt = *Apps

#mod windows -= RightWindows
#mod alt += RightWindows
#key *RightWindows = *RightAlt


# このファイルをホームディレクトリにコピーしてから、
# 以下に自分の好みのキーバインディングを設定するとよい。
# このファイル自体を変更しないこと。


[設定ファイルを作るのに参照したサイト]
続・Apple Pro KeyboardをWindowsで使用する
Apple Pro KeyboardをWindowsで使用する[完結編]
Windows環境でApple Keyboardを使う

[設定ファイルのどうでもいいおまけ]
設定ファイル作成が面倒だと.mayuに全部上書き的に書きたくなるが、本当は109.mayuと同列にAppleKeyboardJIS.mayuを作成してキーマップ情報はそこに書いて.mayuには変換したいキー情報(コマンド"key"で始まる分)を記載すべき(窓使いの憂鬱には各種キーボードごとに.mayuファイルが用意されてるよ。axキーボードとか)。僕の記述だと手を抜いて109キーボードが選択されている場合にApple Keyboardのキースキャンコード分を読むようにしてしまった。

英数キーの0x71とかなキーの0x72はキースキャンコードが出ないとされていたが(それゆえWindowsのキーマップをレジストリで変更する方法で対処できない)("Change Key"とか)、実はキーダウンが出ないだけでキーアップは出るらしい。なので押しっぱなし検出はできないが単純押下は検出できるようだ。

「key U-Mac英数 = D-半角/全角 U-半角/全角」と右側がDown/Upと少しアクロバティックな記載になっているのはそのせいだ。

[課題]
PrtScrnキーが動かない。キャプチャ自体はSnipping Tool(Windows付録の)を使えば解決するんだけど。→(2011/Feb.20th)解決した。F12〜F16のスキャンコードを間違って記述してた。上記の例は修正後の記述になります。あと109キーボード本来の位置にPrtScキーが来るようにF14=PrtSc, F15=ScrLk, F16=Pauseと記述しなおした(F13は割り当てなしの空きとなる)。
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


タイトル 日 時
Apple Keyboard JISをWindowsで使う (ソフト選び編)
Apple Keyboard (普通はMacで使うキーボード)をWindowsで使いたい場合のメモです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2011/01/24 21:04
Mameでキーが効かない (Mame key missing)
[Why] Beacuse of software customizing key bind, for example mayu and so on. Exit its software and restart mame. GUI has no problems. No key (include TAB key) reads on emulator window. ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/01/24 18:22
AF0020-701 対策(確定申告、Mac)
平成22年度の確定申告を電子申請する、Macintoshで、OSが OS X 10.6._ (Snow Leopard)、 だと最後の提出画面(Javaで駆動)で ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 1 / コメント 4

2011/01/18 16:39
[短信]Dashboardの世界時計で世界標準時(UTC)を表示する (Mac OS X)
Mac OS X上のDashboard機能の標準添付のWidgetに「世界時計」というのがある。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/12/23 18:03
[短信]SONY nav-u NV-U35のUSB電源
SONY nav-u NV-U35 ポータブルナビのUSB電源について覚え書き ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2010/12/10 22:54
rar.exe (WinRAR)の "-ep1"オプションについて
rar.exe (WinRARのコマンドライン版)で、書庫を作成する場合にオプション&quot;-ep1&quot;を用いることができる。その内容について書く。ほとんどの人にはどうでもいい内容です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/12/05 17:56
[短信]Thunderbird (メーラー)の左ウィンドウのフォントサイズを変える
(ほとんど他のサイトの参照なので自分用メモです。1年経つと忘れているだろうから) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/11/23 14:45
[短信]組み込みのYou Tube がエラーになってしまう。
You Tubeのサイトではなくて、各ページに組み込まれた(embedded) You Tubeウインドウで動画を見ようとすると、 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/09/30 18:22
ハードウェア売ってきた2010/08/31
ハードウェア群をSofmapに売ってきたよ。もう使いこなせないとか使わないとかなので。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/08/31 19:20
[短信]Logicool (Logitech) MX Revolutionを捨てる
[短信]Logicool (Logitech) MX Revolutionを捨てる Logicool (Logitech)のMX Revolution (MX-R)というマウスを分解して廃棄処分するエントリです。蓄電池を内蔵しているので単純に燃えないゴミに捨てれないので…。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/08/30 18:24
「牧野坂」を含むファイル名が「牧野」で検索すると見つからない on Finder (MacOSX)
ある文字列を含むファイルが存在するのにその文字列で検索するとヒットしない場合がある、問題。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/07/26 22:22
[短信]bin+cue, wav+cueをどうにかしてMac版iTunesでデータを使うには
bin+cue, wav+cueをMac版iTunesで使うには? 市販ソフトToast&#174; 10 Titaniumを買う(&yen;13,650.-)。Win機でDaemon toolsでマウントしてWin版のiTunesで読んでデータをMac版iTunesにコピー。CD-R/RWを焼いて物理的に移動。 このくらいしか見つからなかったです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2010/06/09 23:14
WebCamera が Mac OS X 10.6.3で写らないよー、の対処
Mac OS X 10.6.2でSkypeでビデオチャットするのに使っていたWebCamera (ウェブカメラ)が、OS X 10.6.3にしたら写らなくなった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/05/13 23:40
Ae,ae,Ue,ue,Oe,oe(AaUuOoのウムラウト)をMac OS Xで入力するには?
&#196;&#228;&#220;&#252;&#214;&#246;(AaUuOoのウムラウト)をMac OS Xで入力するには?、のメモ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/05/17 16:31
Mozilla Thunderbirdのメッセージフィルタのカスタムヘッダを設定する
広告メールを自動で別フォルダに振り分けたい ↓ 特徴が「送信者:〜」というヘッダが付くことを発見 ↓ 「ツール」−「メッセージフィルタ...」で設定しようとする ↓ 「送信者」というヘッダはない ↓ カスタムヘッダを作成できる ↓ 日本語はダメですと言われる ↓ 掲示板を読む(後述) ↓ 英文字で書かないと受け付けないようになってる ↓ でもヘッダは日本語になっているよ ↓ どうしよ ↓ 「表示」−「ヘッダ」−「すべて」だと日本語に翻訳されている ↓ ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 1 / コメント 0

2009/05/15 23:08

トップへ | みんなの「Mac」ブログ

Schwarzkaeppchen Macのテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる