[2016年ハムフェア、東京]モービル無線機多機能ハンドマイク, ロック機構比較

2016年ハムフェア(東京, 東京ビッグサイト)に参加しました(見学のみ)。
各社アマチュア無線用無線機を展示してあったのですが、モービル機(自動車に載せて使用することを前提とした無線機)のハンドマイクの使い勝手が知りたかったので、展示ブースを回りました。

多機能マイクとと呼ばれる音量や周波数(10キーで入力)が変更できるタイプの物を見ました。

なぜか: あわてると余計なボタンを押してしまい元の状態に戻せなくなるので余計なボタンを押しても効かないように「LOCK」機構がどうなっているかが知りたい。

[アイコム]
LOCK機構: LOCKボタンを長押しするとLOCK、 もう一度長押しするとLOCK解除
LOCK中の操作: PTT, スケルチ、音量 の変更が可能
感想: 手堅い。長押しするボタンは他のボタンより大きく操作間違えは少ないだろう。
画像


[八重洲無線]
LOCK機構: 独立したスライドスイッチがある
LOCK中の操作: テンキーで周波数が変更可能
感想: テンキーが効くのは論外。LOCKできてない。無線機本体にもLOCKキーがあり、そちらを用いるとテンキーは効かない。案内の方は、問題と思ったらしく検討事項として持ち帰るとのこと。スライドスイッチはとても良い。ボタンバックライト用にもう一つスライドスイッチがあり、ハンドマイクの使いやすさに気をつかっているのがわかる。
画像

[アルインコ]
単機能ハンドマイクしか持ってこなかったとのこと。ラインナップには多機能ハンドマイクはある。
感想: 何の為の展示か良く考えよう

[JVCケンウッド]
ハンドマイクは一切展示していない、持ち込んでもない。PTTで送信されると困るからだそうである(そこにいた案内の方の言による)。
感想: 論外。マンマシンインターフェースはパネルだけじゃないのですよ。

[全体感想]
アイコムが比較的良いか。八重洲無線もテンキーが解決すればLOCKがスライドスイッチ(ここ重要)なので期待したい。アルインコとJVCケンウッドの物は試せないのでどうすればいいのか。近所にハムショップないですし、あったとしても展示しているとは限らないからねぇ。試さないでは買えないです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック