Schwarzkaeppchen

アクセスカウンタ

zoom RSS FMV-650MC8/W にWindowsXPを入れる

<<   作成日時 : 2010/11/24 20:27   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

FMV-650MC8/W (富士通 FMV-LIFEBOOKシリーズ、FMV-BIBLO LIFEBOOK)にWindows XP (Professional)をセットアップするお話です。

残念ながら私が入手した個体はタッチペン非対応モデルでした(このマシンはタッチペン対応モデルに意味があるのにね)。

必要な物 : USB-FDD、USB-CDD (CD Driveの略)
本体のUSB端子はUSB 1.1なのでFDDもCDDも1.1のでかまわないです。
CD-BootはできないのでUSB-FDDも必要です(取り扱い説明書には専用リプリケータに専用FDDも付くとあるのですが持ってないので試してないです)。

右手側の横にUSB端子が2個ついているのですがFDDからブートできるのは手前の端子だけなので手前の端子にFDDをつけましょう。奥の端子にCDDです。

FD-Bootは、XP SP2とXP SP3はブート可能です(それ以前は未確認)。XP SP3のブートフロッピは一般的ではないので自作しないといけませんね(別サイトにまかせる・自力でも記事書くかも→書きました)。SP2のブートフロッピはMicrosoftのサイトから作成プログラムがダウンロードできます(6枚組)。フロッピを読む時間が長いのでUSB-FDDは4倍速の物(USB-FDDにはそういうのがある)を用意すると楽ちんです。

Windows XPのインストール自体は普通。ドライバ群は富士通のサイトからDownloadできます。グラフィック・モデム・LAN・サウンドはWindows標準のドライバがあたるので特に用意しなくていい。ファンクションキーの音量などの制御に"Fujitsu FUJ02B1 Device Driver"というのが必要でこれは「IndicatorUtility V1.10」という名称で配布されている。あとキーボード奥の特殊ボタン(メールとかブラウザとかに割り当てる1〜4とEnter)を設定するツールが必要かな(「ワンタッチボタン設定 4.2(ビジネスモデル版)」)。

タッチペンありモデルだともう少し何か必要だろう、たぶん。

おしまい

[おまけ1]

MS-DOS/PC-DOS/DR-DOS/(Bootable CD Loader v1.50Z (BCDL))でブートしたい向きにはusb_cd.sysを用意する必要があります。lenovo/IBMのサイトにある物では認識できません(USBポータブルCD-ROMドライブ(P/N 33L5151)ドライバー(DOS))。TEACのサイトにある usb_cd.sys(37776 bytes Version 1.05)で認識できます(デバイスドライバのダウンロード CD-110PU DOS用ドライバ | ティアック/TEAC)。

あぁ、PanasonicのUSB_CD.SYSもダメ、ASUSのUSB_CD.SYSもダメですし、USBASPI.SYS+ASPICD.SYSもダメです。Hiren's Boot CDのサイトにあるUseful Dos Filesというドライバ集も一通りやったけど動かないです。

[おまけ2]
BIOSのManufacturer欄は僕のとこの機械は"Phoenix/FUJITSU"になっているのを確認しました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
FMV-650MC8/W にWindowsXPを入れる Schwarzkaeppchen/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる