アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「windows」のブログ記事

みんなの「windows」ブログ


Benchmarking PLEXTOR PX-128M5M+ on Thinkpad X31

2014/03/02 13:17
Benchmarking PLEXTOR PX-128M5M+ + KRHK-mSATA/I9 on Thinkpad X31(1.7 GHz / 1.5 GBytes).

Image


-----------------------------------------------------------------------
CrystalDiskMark 3.0.3 (C) 2007-2013 hiyohiyo
Crystal Dew World : http://crystalmark.info/
-----------------------------------------------------------------------
* MB/s = 1,000,000 byte/s [SATA/300 = 300,000,000 byte/s]

Sequential Read : 88.034 MB/s
Sequential Write : 76.718 MB/s
Random Read 512KB : 74.110 MB/s
Random Write 512KB : 75.772 MB/s
Random Read 4KB (QD=1) : 19.942 MB/s [ 4868.6 IOPS]
Random Write 4KB (QD=1) : 29.546 MB/s [ 7213.4 IOPS]
Random Read 4KB (QD=32) : 22.382 MB/s [ 5464.5 IOPS]
Random Write 4KB (QD=32) : 36.152 MB/s [ 8826.1 IOPS]

Test : 1000 MB [C: 11.7% (13.5/115.9 GB)] (x5)
Date : 2014/03/02 12:52:02
OS : Windows 7 Professional SP1 [6.1 Build 7601] (x86)



Disk information by HDAT2. (Hide Serial Number)

********************************************************************************
HDAT2 v4.9.3 (c) 2012 CBL 02.03.2014 12:54:32
********************************************************************************
Device information [PLEXTOR PX-128M5M+]
********************************************************************************
--------------------------------------------------------------------------------
Source Cylinders Heads Sectors Total sectors Size
--------------------------------------------------------------------------------
ATA LBA28 16383 16 63 243236849 124.54 GB
LBA48 243236849 124.54 GB
CHS 16383 16 63 16514064 8.46 GB
INT13h/BIOS 1023 240 63 15467760 7.92 GB
Ext.INT13h *16383 *16 *63 243236849 124.54 GB
(* = invalid parameters)
--------------------------------------------------------------------------------
SET MAX size HPA ACTIVE 250069680 128.04 GB
DCO size 1 0.51 KB
--------------------------------------------------------------------------------
Device model [ATA/SSD] PLEXTOR PX-128M5M+
Manufacturer unknown
Orphan (not useable) sectors 0 [0.00 KB]
Translation/max. LBA mode LBA/48-bits
Logical sector size [B] 512
Physical sector size [B] 512
Detect mode PCI
ATA I/O port Base/Control/IRQ 01F0h/03F6h/14
--------------------------------------------------------------------------------
ATA/ATAPI Identify Device
--------------------------------------------------------------------------------
Integrity word (optional)
-> Signature: OK [reported A5h, should be A5h]
-> Checksum : OK [reported 5Bh, should be 5Bh]
ATA major version 01FEh
-> ATA/ATAPI 1 2 3 4 5 6 7 8
ATA minor version 0021h
-> ATA/ATAPI-7 T13 1532D rev.4a
Transfer mode: max. supported Ultra DMA 6/ATA133
Transfer mode: selected Ultra DMA 5/ATA100
Serial number ____________
Firmware 1.00
Cache n/a or greater than 32 MB
-> Cache type: not specified
General Configuration 0040h = 0000000001000000b
-> Protocol type: ATA
Specific Configuration C837h
-> Device does not require SET FEATURES subcommand to spin-up after power-up
and IDENTIFY DEVICE response is complete.
Maximum queue depth 32
Hardware Reset result [not valid] 0000h = 0000000000000000b
Detected an 80-conductor cable NO
Multiword DMA transfer cycle time per word [ns]
-> Minimum: 120
-> Manufacturer's recommended: 120
Minimum PIO transfer cycle time [ns]
-> without IORDY flow control: 120
-> with IORDY flow control: 120
Security Status 0029h = 0000000000101001b
-> Security: supported
-> Device: frozen
-> Security: disabled
-> Enhanced Security Erase: supported
Master Password Identifier (Revision Code) 0000h
-> Master Password Identifier feature is not supported
Time for Normal security erase unit 6 minutes
Time for Enhanced security erase unit 6 minutes
Extended number of user addressable sectors reserved
--------------------------------------------------------------------------------
Capabilities
-> DMA supported
-> LBA supported
-> IORDY may be disabled
-> IORDY supported
-> Standby timer values are supported
--------------------------------------------------------------------------------
Command/Feature Sets supported ENABLED
--------------------------------------------------------------------------------
SMART feature set YES
Security feature set NO
Power Management feature set YES
Write cache YES
Read cache (look-ahead) YES
Host Protected Area (HPA) feature set YES
WRITE BUFFER command YES
READ BUFFER command YES
DOWNLOAD MICROCODE command YES
SET MAX security extension NO
48-bit Address feature set YES
Device Configuration Overlay (DCO) feature set YES
FLUSH CACHE command YES
FLUSH CACHE EXT command YES
SMART error logging YES
SMART self-test YES
General Purpose Logging (GPL) feature set YES
World Wide Name YES
DOWNLOAD MICROCODE command with offsets (mode 3) YES
Long Logical Sector (LLS) feature set NO
Long Physical Sector (LPS) feature set NO
--------------------------------------------------------------------------------
Advanced Power Management (APM) level value 00h
Acoustic Management (AAM): vendors/current value 00h/00h
Read/Write LONG: ECC bytes 0
Read/Write MULTIPLE: sectors per interrupt
-> Maximum: 16
-> Current: 16
--------------------------------------------------------------------------------
Streaming
--------------------------------------------------------------------------------
-> not supported
--------------------------------------------------------------------------------
Logical/Physical blocks
--------------------------------------------------------------------------------
Logical/Physical sector size 4000h
Logical sector size [B] 512
Logical sector zero offset not valid
Long Physical Sector (LPS) Alignment Error reporting
-> not supported
--------------------------------------------------------------------------------
Inter-seek delay for acoustic testing [microsec] 0
Command Completion Time Limit (CCTL) [ms] 0
-> TLC feature set is not supported.
--------------------------------------------------------------------------------
World Wide Name (64-bit) A231090031300250h
NAA
-> reserved
--------------------------------------------------------------------------------
CFA power mode not supported
Current media serial number
-> not supported
Free-fall Control Sensitivity not supported
Number of data blocks per DOWNLOAD MICROCODE mode 3
-> The DOWNLOAD MICROCODE command supports the offset transfer method.
-> Minimum: no limit = 0 bytes
-> Maximum: no limit = 0 bytes
Transport Major revision number: support
-> Serial: SATA rev.3.0
-> Serial: SATA rev.2.6
-> Serial: SATA II Extensions
-> Serial: ATA8-AST
Transport Minor revision number not reported
SMART Command Transport (SCT) Command set
-> SCT Feature Set
-> Write Same
-> Error Recovery Control
-> Feature Control
-> Data Tables
Trusted Computing feature (TCG) not supported
Nominal media rotation rate [rpm] non-rotating media (SSD)
Device Nominal Form Factor not reported
DATA SET MANAGEMENT
-> The Trim function is supported.
-> Deterministic read after TRIM (DRAT) is disabled
-> Read zero after Trim (RZAT) is disabled
LBA Range Entry (DATA SET MANAGEMENT) [sectors] 8
Additional Product Identifier not allowed characters
--------------------------------------------------------------------------------
NV Cache
--------------------------------------------------------------------------------
-> not supported
--------------------------------------------------------------------------------
Extended INT13h
--------------------------------------------------------------------------------
Extended INT13h support YES
Major/Vendor/Extension Version 3.0/0.0/0.0
-> EDD v2.0
Subset
-> Fixed disk access subset: YES
-> Device locking and ejecting subset: NO
-> Enhanced Disk Drive (EDD) subset: YES
-> 64-bit extension: NO
INT13h Identify Device support not detected
--------------------------------------------------------------------------------
Device Parameter Table (DPT)
--------------------------------------------------------------------------------
Information flags
-> DMA boundary errors are handled transparently
-> Bits 4-6 are not valid
Block size [B] 512
DPT Extension (DPTE) pointer 0040h:00C6h
Key to presence of Device Path (BEDDh) 0000h
--------------------------------------------------------------------------------
Device Parameter Table Extension (DPTE)
--------------------------------------------------------------------------------
Version 1.0 [10h]
Checksum
-> OK [reported B3h, should be B3h]
I/O Port base address 01F0h
Control Port address 03F6h
IRQ 14
Head register upper nibble
-> ATA DEV = Master
-> LBA enable = YES
BIOS Vendor specific 00h
ATA READ/WRITE MULTIPLE Block Count 16
DMA information 08h
-> DMA channel = 08h
-> DMA type = 00h
PIO information 04h
-> PIO type = 04h
BIOS selected HW specific option flags
-> Fast PIO access
-> Fast DMA access
-> READ/WRITE MULTIPLE access
-> CHS translation
-> LBA translation
-> LBA assisted translation
-> Ultra DMA access
-> 48-bit LBA addressing
--------------------------------------------------------------------------------


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


Promise SATA300 TX2plus CD-ROM Boot

2011/05/22 21:34
Promise SATA300 TX2plus has 2-SATA, 1-IDE. Attaching one SATA HDD and one IDE CD-ROM, I can not boot from CD-ROM (HDD boot always). No entering bios key are in operation manual.

Do I need connecting CD-ROM to MOBO onboard IDE?


But I found out booting from CD-ROM.


How : Keep pressing Ctrl-key when Promise BIOS infomation until boot.



How do I found out it? Promise old card (ex. Fasttrak TX2000) has entering bios key "Ctrl-F". So I try same thing to SATA300 TX2plus.

────
PromiseのSATA300 TX2plus (最近新古品が安い)に、SATAのHDD1個とIDEのCD-ROM1個つけてCD-ROMブートしようとしてもHDDから起動してしまう。そしてマニュアルに起動順序を変えるようなキー設定なんぞ載ってない。

うーん、マザーボードのIDEにCD-ROMだけつながないとダメかしら。

や、方法が見つかったんです。
PromiseのBIOSインフォメーションが表示されたらコントロールキーを押しっぱなしにしてブートするまで押しておけば良い。

なんでわかったかというとTX2000とかの古いカードはCtrl-FでBIOSに入れたので同じ事を試したら偶然起動順序が変わったり変わらなかったりしたのでさらに探っていったらCtrlキーだった。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


Thinkpad X60にWiMAXを入れる夢 P.2 (完)

2011/05/19 22:08
前回(Thinkpad X60にWiMAXを入れる夢(未完))は、"Intel® Centrino® Advanced-N + WiMAX 6250"を買ってきてX60に入れたけど、WiFi部しか動かなくてWiMAXは動かないのであった。

a)右スロット(パタンしかなくコネクタがない)に合うコネクタを買ってきてはんだ付け、そこに設置してみる
b)あるいは、USBの線をどこかから引っ張ってきてしまう
c)もうあきらめて4965AGNでも買ってきて平和に暮らす


という三案を立てた。

a) : mini PCI Expressコネクタ(ソケット)をCoCoNet液晶工房(2011年6月26日で閉店予定)で買ってきたのでこれをはんだ付けすれば…と思ったがよく見たらminiPCIeボードを止める金具がついてないではないですか。バカ穴があいてるだけ。これはソケットを取り付けても苦労するわ、と思って作業しないことにした。

c) : 4965AGNをR-ismで買ってきたので取り付けてみたら問題なく動作した。しかしこれでは何も変わらないではないか(Access Connectionsの設定ミスとIntelのドライバのインストールミスに気づいたので全く意味がない訳ではなかったが)。

b) : mini PCI Expressのピン配置図(Mini PCI Express Bus Description; MiniCard Interface for the Laptop PC)を見てテスタでUSBのデータ線をあたってみると、右スロットにはテスタで測定できるくらいの抵抗値が出るが左スロットは無限大だ(2MΩのレンジで無限大)。やはり左スロットには何も繋がってない可能性が高い。あと右スロットには何か繋がっている可能性が高い。


…というわけで右スロットのUSBラインから左スロットに渡す線をはんだ付けしてつけちゃいました。
画像

画像

画像

画像


この状態で一旦組み立てて電源入れて煙などの異常事態が起きないか確認する。確認したらminiPCIeカードを刺す。

画像


さて、ドライバはどうか。デバイス マネージャ (Device Manager)を見ると
画像


おぉ、WiMAXがその他のモジュールにあるぞ。
Thinkpad X61にAdvanced-N + WiMAX 6250は搭載できるのか(実装編)」にあるようにドライバを入れてやる。
画像


できました!快哉!

…しかし私の住まいは難視聴地域なほど電波の墓場でありまして(TelevisionはCATVでカバー)、UQ WiMAXの電波が拾えたのは一回限り(それも10%)。どこか都心にでもいってテストしたいなぁ…。

あ、4965AGNが余った…mini PCI Expressソケットも。
記事へナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


Thinkpad X60にWiMAXを入れる夢(未完)

2011/05/18 21:32
Thinkpad X60にWiMAXモジュールを入れる夢を見たかった。

"Intel® Centrino® Advanced-N + WiMAX 6250"を購入(Lenovo OEM : FRU No. 60Y3195)。
(DIYパーツマートを利用した)。
(カードサイズがハーフサイズなので延長ボードも購入(X60はフルサイズ))。

Thinkpad X60にModified BIOS を適用 (Lenovoのmini PCI Expressに刺すカードは厳しい機種確認を行うので、それを回避した非純正BIOSを適用する)。no-1802.comでは世代的にもう無理らしいよ。

X60を分解して組み込み、組み立て、ドライバ入れた。

ん〜6250AGN (WiFi)部しか認識しないなー。ああああ。
それもAccess Connectionsでは無理でWindowsXP SP2/SP3 純正のアクセス制御を使わないと。(※1)

なんでWiMAXを認識しないのか? X61とかX61sとかの実験例でminiPCIeがあるうちの右スロットでしか使えないとかあったので、左スロットしかないX60ではWiFiしか動かないのでは。USBの結線が来てないのかも。

────────
To Do

a)右スロット(パタンしかなくコネクタがない)に合うコネクタを買ってきてはんだ付け、そこに設置してみる
b)あるいは、USBの線をどこかから引っ張ってきてしまう
c)もうあきらめて4965AGNでも買ってきて平和に暮らす

Thinkpad X60にWiMAXを入れる夢 P.2 (完)」に続く
────────
※1 : 2011年5月19日追記。Access Connectionsの既存のプロファイルを変更しようとするからダメで、プロファイルは新しく作る。あと、IntelのWiFiドライバは「インテル PROSetWireless WiFi ソフトウェア(インフラストラクチャ コンポーネント)」まで入れる(それより下のソフトウェア入れるとWindowsログオンが強制的に変更されたりしてロクな事がない(iwpdgina.dll問題)。またドライバだけではダメです(入れないとAccess Connectionsのプロファイル設定で、電波方式と暗号化が空欄になってプロファイルが設定できません)。

参考になったページ : UltimateBlue WebLog Lenovo(IBM) ThinkVantage Access Connections 5.50
(助かったよホント)。

画像
この設定でドライバを入れれば良い
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6


[短信]アクティブ パーティション 解除

2011/03/30 16:50
アクティブパーティションを解除したいなんて、普段は意味ないような。でも、ノートPCのクローニングツールでバックアップしたレストア領域がなんかアクティブパーティションになっててDisk to Diskレストアに失敗するとかそういう事態で強制的にアクティブを無効(inactive, disable)にしたい時もある。

なので回復方法を。僕がわかったのは2つ

a)diskpartコマンドでlist diskをして(略)inactiveコマンド。→ここでいうdiskpartはWindowsXPのコマンドラインのことで回復コンソールのdiskpartはこれに対応していないのであった。Windowsが動く状態の人向け。ここで知った : 「2006-11-09 - まっつんの日記

b)Ranish Partition Managerを使う。UBCDに収録されているのでUBCDを使うと簡単です。


[きっかけ]
クローニングツールでレストア領域をクローンコピーしてレストア実行したら終盤でBoot.iniの問題でブート失敗した。\system32\hal.dllが見つからないとかいうお決まりの奴で。Boot.iniをEditBINI (UBCD収録)で編集したらとりあえず動いたんだけどそもそもの原因は何か、というところを見ていくとアクティブパーティションが何かからんでいるようだ。→違った。パーティションテーブルのパーティション番号の順序がレストアプログラムの想定しているのとずれてたのが原因のよう。OSがNo.1, レストア領域がNo.2を想定しているのが、クローニングツールでOS領域をコピーしてなくてその結果OSがNo.2, レストア領域がNo.1になっていた(ディスクの領域自体はOSが先頭側にあるのだ)。→SPFDisk Boot Manager installer (作者ページ(中文))(Wikipediaの該当ページ(中文))(UBCD収録) のExchangeコマンドで修正できた。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


[短信]Thinkpad X24でリカバリに失敗する対策

2011/03/30 14:47
Thinkpad X24でリカバリに失敗する時(プログラムは走るが途中で異常終了する)、OSインストール先のフォーマットに問題があるとそうなるみたい。リカバリプログラム中で(IBMのFAQに書いてある)fdiskで消すのを試すと良さそうだ(ただし僕のとこではマシンが壊れて完走できなかったので本当かわからない(異常終了するはなくなったがそれ以降の場所でハングする)。Memtest86+すら途中でハングするようになってしまって…)。
-
ThinkPad Disk to Disk リカバリー採用機種 (NTFS 1 ドライブ) - FDISKを実行しハードディスクの区画を開放した状態でリカバリーを行う方法
http://www-06.ibm.com/jp/domino04/pc/support/Sylphd03.nsf/jtechinfo/SYJ0-0072DA0
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


[短信]Acronis True Image Home 11でリカバリ領域書き戻す

2011/03/30 14:43
Acronis True Image Home 11でノートPC(ノーパン)のリカバリ領域を書き戻す際のコツ。

書き戻す順は、リカバリイメージ→MBR、の順で。
MBR→リカバリイメージ、だと元に戻りませんでした(再起動して指定のキーを押してもリカバリプログラムが動かない)。

リカバリイメージはディスクの後端にあるから何となくMBRが先の気がするがそうではないみたい。

(True Imageが古いのは昔買ったのをまだ使っているからです。手持ちのノートPCは最新でもWindowsXPなので困りはしない)。
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0


[短信]Windows7 Core Parking の設定項目日本語

2011/03/26 17:14
Windows 7 で Core Parking を利用する方法 - 岩田 雅樹 のブログ - Site Home - MSDN Blogs

において、Windows7のCore Parking機能の有効化が説明されているのだが、説明が英語版Windows7なのです。別に問題ないんだけど日本語版Windows7に設定のたびにどれがどれだっけとわからなくなりそうなので、今回設定したついでにメモしとこうかな、という記事です。

--
ここで、Processor performance core parking min cores を 1/(コアの個数) …Dual Core なら 50%, Quad Core なら 25% に、
プロセッサ パフォーマンス コア保留の最小コア数 …(略)

Allow Throttle States を On に、
スロットルの状態 を 「使用する」 に、

Processor idle disable を Enable idle に、
プロセッサ アイドル無効 を 「アイドルを有効にする」に、

Processor performance core parking core override を Disabled に、
プロセッサ パフォーマンス コア保留のコアの優先 を 「無効」に、

Processor performance core parking max cores を 1 - 1/(コアの個数) …Dual Core なら 50%, Quad Core なら 75% に設定します。
プロセッサ パフォーマンス コア保留の最大コア数 を (略)

--
他にも
「最小のプロセッサ状態」(5%)とか
「システムの冷却ポリシー」(アクティブがDefault)、チップヘルプによると
アクティブ:プロセッサ速度を下げる前にファン速度を上げます。
パッシブ:プロセッサ速度を下げた後にファン速度を上げます。
とか面白そうですねぇ…。変更して大丈夫かわからんけど
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


「その他の技術用記号」(Miscellaneous Technical)を出力

2011/02/28 17:55
Macのキーボードに印刷されている記号類を、プリンタ(TEPRA)で出力したい。

Unicodeの番地はわかったけど、実際に出るフォントがない(Windows7で)(TEPRAがWin専用なのだ)。

記号類はUnicodeの文字カテゴリでいうところの「その他の技術用記号」(Miscellaneous Technical)に相当する。

文字フォントを"Segoe UI Symbol"にすればいい(※1)

[文字(見えれば)とその内容とUnicodeの番地]
⌥ : option記号 U+2325
⇧ : shift記号 U+21E7
⌘ : command記号 U+2318
 : Apple記号 U+F8FF (※2)
⏏ : eject記号 U+23CF
⌃ : control記号 U+2303 : (現在ではこちらのcontrol記号を用いるようだ)
✎ : control記号 U+270E : (※3)
⎋ : esc記号 U+238B

※1 : (後になって気づいたが)"Cambria Math"というフォントでも出る。フォントサイズがおかしいけど。
※2 : Apple記号は残念ながらSegoe UI Symbolでは出なかったです。Mac上ではこれを含むフォントは山盛り。
※3 : この記号は左上から右下への鉛筆(lower right pencil)で、キーボードに刻印されているのは右上から左下への鉛筆(lower left pencil)であり正確ではない。lower left pencilは""(U+F802)でありMac上でこれを含むフォントはLucida GrandeとLucida Grande Boldだけのようだ。(※4)
※4 : Apple記号とlower left pencilについては404 Blog Not Found:Unicode - JISマークは一文字!を後になって読んで気づいた。

[TEPRAのソフトウェア上での表現(SPC3)]
画像


[IMEでの該当部文字コードマップ]
画像


(SegoeはWindows7より採用のフォント。以前から採用されているメイリオなども試したけどうまくいかなかった。osaka.unicode.ttf.bz2もうまくいかなかった。)

おまけ:Dynafontの欲しい文字がフォントセットに含まれているか確認するページが面白かった。
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0


FreeDOS USB Boot on FAT32 (>2GB) USB flash drive

2011/02/26 01:38
[よくある例]
kernel.sysとcommand.comをfdboot.imgから抜き出してフォルダに保存して"HP USB Disk Storage Format Tool"を使って上記フォルダを指定してUSBメモリに書き込む。

[よくある例の問題点]
2GB以下(≒FAT16)のUSBメモリでないと"HP USB Disk Storage Format Tool"がErrorを吐いて進まない。僕の手持ちで空きのUSBメモリが8GBなんだよ…。あと"HP USB Disk Storage Format Tool"はいい加減古い(出所不明になってるし)。

[いまいちな解決策]
grubを使う
bootstick.zip (syslinux) (Creating FreeDOS USB boot stick for BIOS flashing)
unetbootinを使ってfdbasecd.isoなどを書き込んでしまう。

grubとbootstick.zipはコマンドライン操作に慣れてないと難しそう。unetbootinを使うと変なブートメニューになってしまう(DOSにたどりつけない)。あと印象に過ぎないんだけどどれも高機能なブートローダが走ってしまうのでフロッピディスクの代わりにUSBメモリを使っている感じがしない。


[見つけた解決策]
RMPrepUSBを使う。
設定は各人にまかせるが(手抜き)(気が向いたら書く≒たぶん書かない(フェルマーの例))、うちのThinkpad X60ではFDエミュレートでは起動せず(HDDリカバリ領域が何故か起動する)、ZIPエミュレートにしたら起動した。Award BIOSな日立 FLORA 350W DE4でも同様(FLORA側の設定はUSB-ZIPかUSB-HDDにする。USB-FDDとUSB-CDROMは起動しない)。
画像
動作例。8GBのUSBメモリにFAT32でインストール。必要なファイル群は一番下の項目でフォルダ指定


[感想]
【取り扱い注意】USB(メモリ)ブート関連ツール - Palm84 某所の日記」がなかったらこの記事は書けませんでした。あとは試してないけど一旦FDブートかCDブートでFreeDOSをFAT32なUSBメモリが見えるように起動してそこから「sys」コマンドでシステムファイルをUSBメモリに書き込むっつーのがあるかな。なんのためのUSBブートだかわからなくなるけどね(FD/CDあるならそっち使えよ)。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


タイトル 日 時
[短信]タイムスタンプ(ファイルの作成日時)を変更するソフトウェア windows7
ファイルのタイムスタンプ (ファイルの作成日時・更新日時)を自由に書き換えるソフトウェアを探した結果を書く。Windows7 x64でも動くもので。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/02/23 21:52
Apple Keyboard JISをWindowsで使う (YAMY編)
Apple Keyboard JISをWindowsで使う (YAMY編) Apple Keyboard JISをYAMYで使う編。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/01/24 22:15
Apple Keyboard JISをWindowsで使う (ソフト選び編)
Apple Keyboard (普通はMacで使うキーボード)をWindowsで使いたい場合のメモです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2011/01/24 21:04
[短信]SONY nav-u NV-U35のUSB電源
SONY nav-u NV-U35 ポータブルナビのUSB電源について覚え書き ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2010/12/10 22:54
rar.exe (WinRAR)の "-ep1"オプションについて
rar.exe (WinRARのコマンドライン版)で、書庫を作成する場合にオプション"-ep1"を用いることができる。その内容について書く。ほとんどの人にはどうでもいい内容です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/12/05 17:56
WindowsXP SP3 フロッピーブートインストール用ディスクの作り方
「にゃむラボ » WindowsXP SP3 フロッピーブートインストール用ディスクの作り方」の通りなのですが、手順を詳しく書いておこうかと。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/12/03 17:53
FMV-650MC8/W にWindowsXPを入れる
FMV-650MC8/W (富士通 FMV-LIFEBOOKシリーズ、FMV-BIBLO LIFEBOOK)にWindows XP (Professional)をセットアップするお話です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/11/24 20:27
Huginを入れる/使う
画像をつなげたりするソフト、パノラマ画像作成ソフト、"Hugin"の話。 (今回はWindows 32bits版のお話に限らせて頂きます)(ソフト自体は、Mac OS X, Linux, FreeBSDと存在する) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/10/30 21:29
Adobe Readerを得るのにAdobe DLMを入れたくない
adobe.com/jpからAdobe Readerをダウンロードしようとする(Windows XP 32bits版)。 ブラウザはInternet Explorer 8 (IE8)。 そうすると Adobe DLMというActiveXを強制的に注入させられないと(受け入れないと)ダウンロードできない。気持ち悪い。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/10/06 11:01
Thinkpad X60にいろいろ設定する
(Thinkpad X60作業2日目) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/09/02 19:05
[短信]画像をつなげる
フラットベッドスキャナの大きさの都合で大きな書類を分割してスキャンするしかない時、 画像をつなげるソフトが必要です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/05/01 11:33
M2NPV-VM (asus) のWindows7 (64bits) Sound Driver
M2NPV-VM (asus製のmicroATXボード)のサウンドドライバをどこから持ってくるかのお話。 OSはWindows7 Professional x64 (64bits)。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/04/22 23:29
[短信]SP+メーカーでTemporary Internet Filesでダウンロード失敗
SP+メーカー (Windowsのインストールディスクを作成、アップデートを収集、するソフト)を使おうとした。自動ダウンロード機能が全然動かない。ダウンロード失敗する。自動ダウンロードが動かないのではこのソフトの魅力はないのだ。Win7HomePremiumでWinXPのファイルを処理しようとしたのな。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/02/17 22:13
Windows7 (64 bits) のUsersフォルダをDドライブに移動する
基本的にはこの記事の通りでいいんだ。 Windows7のUsersフォルダをDドライブに移動する:とあるソニー好きなエンジニアの日記:So-netブログ ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/01/31 21:05
Gavotte RAMDisk on Windows7 (目的未達成)
Gavotte RAMDiskをWindows7で使うべく作業してみた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/11/23 20:58
Thinkpad240ZにWindowsXP SP3をインストールする編
Thinkpad240ZにWindowsXP Professional SP3をインストールするメモを以下に貼る。フロッピ起動でUSB CDドライブを認識してインストールするお話。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/10/04 14:55
Firefox 3.0.14/3.5.3 がプチフリーズする件
Firefox 3.0.14 (Windows XP)がプチフリーズするようになってしまった。プチというよりフリーズというかロングフリーズだけどね、1分くらい待たないと次に行かないので。一応解決したので顛末を以下に書く。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/09/17 22:01
FLORA 350W DE4覚え書き
日立製作所製。パーソナルコンピュータ。 microATXフォームファクタ。 電源は独自形状、AcBel製API1PC39 (独自サイズ 120x120x82,120x35x10の凹みあり)。 マザーボードはGIGABYTE製GA-8ISMKH-HT(たぶん。ボードに"GIGABYTE GA-8ISMKH-HT"と書いてあるだけでGIGABYTEのWebページには情報はない )。i865Gだろう。バックパネルにはVGA15ピンはあるよ(DVI-はない)(BTOのRadeo... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/06/14 17:33
POWER DoLLS 1 (2009)、x64では無理なのか?
昨日のエントリにも書いたんだけど ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/04/08 18:46
POWER DoLLS 1 (2009)をウインドウモードで
工画堂スタジオ製のゲームソフト「POWER DoLLS 1」(2009年3月27日発売)をウィンドウモードで動かす話。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/04/07 21:09
東芝1.8inch IDEピンHDD仕様SSD
[1/29追記]:東芝仕様ではなく日立仕様だった。残念。 [報じるインプレスの記事]:日立型の1.8インチSSDが発売に [4/17追記]:東芝仕様50ピンのが追加された模様。 32GB : PF18T32G50SSDIDE 64GB : PF18T64G50SSDIDE ['09/Jun./11th]:リンク切れを修正。新型(V2)もある模様。更にV3も?(COMPUTEX 2009会場で公開とか) G-Monster 1.8インチIDE V2 50ピン専用SSD PF18T32... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/01/21 14:33
bookmarks が検索できない on Windows XP
Windows XPでファイル名検索をかけた時、特定の拡張子を持つファイルは検索対象にならず、検索で見つからない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/04/17 22:14

トップへ | みんなの「windows」ブログ

Schwarzkaeppchen windowsのテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる